注文住宅での家づくりは一貫した方向性を持とう

注文住宅はその名の通り家を建てる人が全部注文できるもの。だからこそ自分がどうしたいのか、初めからしっかり考えていないといけません。

何も考えてないと新築のお家が完成してみるとなんだか統一感のないバラバラのお家になったり、注文住宅なのに建売住宅となんら変わらないお家ができたりします。実際に注文住宅でもハウスメーカーはなるべく変わったことをしてほしくなく、ちょっと何かをすると多額な追加料金が取られてしまいます。

一番良いのは、新築を建てると決めたにはどんな家にしたいのか、譲れないものは何なのか、という新築に対しての自分たちのこだわりをきちんと決めておくことです。

それを持っているとハウスメーカーなどと最初に打ち合わせをするとき、できるのが出来ないのか、出来たとして料金はどのぐらいかかりはものなのかを話すことができるので、ハウスメーカーを決めたあとに出来なかった!高くなった!などの失敗をする必要がなくなります。

だからといって新築のお家づくりで、きちんと考えをまとめていくのもとても難しいことだと思います。

もし難しければ、すでに建てられている新築のお宅を参考にするのが良いでしょう。

何件もお家を見ているとこれ!というお家が見つかるはずです。見つけたらブレずにそのお家の真似っこをしましょう。

せっかくの新築注文住宅です。もちろん間取りや設備は好きなものを選んで良いと思います。ブレてはいけないのは方向性です。

例えばカッコいいモダンなお家にしたいと思っていたのにキッチンの色は白にしてしまった、などの統一感がなくなってしまうのが注意すべきポイントなので、そこだけを真似れば良いと思います。

あとはプロに任せればチグハグな家にはならないでしょう。

ちなみなか我が家は方向性が、飽きても融通がきくようにスタンダードにすることだったので、出来上がってみたらせっかくの注文住宅なのに普通のお家になってしまいました。 注文住宅だったのでもう少しだけ冒険すれば良かったなと後悔