新築を買うなら建売住宅ではなく注文住宅が良い

夫婦ともども40代の半ばで念願の新築一戸建てを購入しました。建売住宅ではなく、注文住宅です。

親しくしている友人夫婦のマイホームがやはり注文住宅で、新築の家を買うなら少々費用がかかっても注文住宅の方がいいよ!とよく言われていたのです。

新築の建売住宅もいくつも見にいきましたが、実際に見てみると内装が気に入らなかったり、場所が不便だったり、なかなか思うものがなかったので、注文住宅の家にしようと決心しました。

注文住宅を建てる時に大変なのは、間取りを始め、いろいろと細かい点を決めるまで時間がかかることです。間取りを決める際には、それまでに新築も中古も含めて、たくさんの家を見てきたことが参考になりました。

いろいろ見てきた結果、私なりに考えたのは、収納スペースを最低限に抑えることです。最近の住宅はウォークインクローゼットが付いていたりしますが、収納スペースがあればあるほど、物を溜め込み、整理整頓ができなくなるように思ったのです。

その分リビングルームをゆったり取ることができ、家族の団欒が増えています。