注文住宅を終の棲家として新築する時に配慮すべき事

注文住宅を新築する時に、間取り等を家族で議論して考える事は楽しいものです。しかしその注文住宅を終の棲家とする場合、建築時の家族構成や生活パターンだけを考え、その時点に最適な間取り等とするだけでは不十分です。

終の棲家とするには、子供が独立して家を出た後の生活パターンや、年老いて介護が必要となった時の事も考慮しておくべきなのです。

独立した狭い子供部屋は、その後には使いにくい間取りとなる事もあり、大きな部屋を家具を使って2つに分割して、後々使いやすい間取りとして置くと便利です。

また廊下の幅を車椅子が通り易い幅に少し広めにしたり、トイレをドアではなく引き戸として置くのも老後の配慮としては大切でしょう。

せっかく注文住宅を新築するのだから、こうした配慮はしておくべきでしょう。建て売りでなく、新築の注文住宅であるメリットは、この様に将来の住みやすさも考慮できる点も大きなポイントです。

終の棲家として注文住宅を新築する際には、こうしたポイントもしっかり考えておくべきです。