住宅ローン完済を考えて

注文住宅で家を建てるのならば、大体は新築住宅になることでしょう。やはり注文住宅ならば、新築で建てる方がものすごくやりやすいからです。だって一から自分たちで作っていける住宅ですから、既に建っている住宅よりも作りやすいというわけでしょう。

新築注文住宅は夢がとても広がります。新築注文住宅は自分たちの好きないように作っていくことが可能ですから、お金に糸目をつけなければ、どんどんと理想が実現されていくものです。しかし、わが家の場合もそうですけれど、家に使えるお金にしても限界だってあるのですよね…。ですから、新築注文住宅においてまず考えなくてはならないのは、やっぱり「お金のこと」となるわけです。

だって、せっかく建てたマイホームなのに、住宅ローンが返済できずに手放すこととなった人だっているのですから。うちの近所の家もありましたし、私の職場にもいますからね。意外と身近に、住宅ローンが返済できずに家を手放す人がいるものです。ですから、何も絵空事な話ではないのですから。

それもこれも、無理目な住宅を建ててしまうのが原因だと思いますもん。新築注文住宅ということで、夢がはじけてしまうのはわかります。「一生に一度のマイホームなんだし」「今、ここで決断しないと、あとから付属工事をするのは大変だ」といった感じで、家づくりの際にはあれもこれもと足していきたくもなってしまうのです。けれどもそれって、実は危険なことですよ。

先にも言いましたけれど、注文住宅はお金をかけようと思えばとことんまでかけることが可能です。しかし、お金を出せないのでは建てることだってできないでしょう。もっとも、たいていの人は銀行からお金を借りて、マイホームを建てるわけですけれど、そのお金をちゃんと返すことが大前提なわけですよ。

自分たちが一生涯に稼ぐお金を計算して、これからかかってくるお金の計算もちゃんとして、そして住宅にかけることができるお金だってしっかり考える必要があるのです。理想ばかりをつめこんで現実的に支払えない金額のマイホームになってしまっては、それこそ途中で手放すこととなりかねません。マイホームを建てるのならば、まずはお金、自分たちがしっかりと無理なく返済できる金額の枠内で家を建てるべきでしょう。

ハッキリ言って、新築注文住宅を建てた当時の金額以上では買い取ってもらうことはできないでしょう。それならば、自分たちで住む方がよっぽどお得だというものです。そしてだからこそ、お金が返せなくて家を手放すことのないように、無理のない金額の住宅を建てるべきだというものです。くれぐれも!