新築注文住宅が成功するかは住宅の設計士次第

家づくり、とくに新築を注文住宅で建てる場合は、その依頼先はしっかりと選ぶことにこしたことはないでしょう。住宅を新築で、なおかつ注文住宅で建てた経験からも、そのように強く思います。ずばり言いまして、新築注文住宅は工務店(ないしハウスメーカーなど)で決まっていくと思います。

もっと言えば、新築注文住宅は設計士との相性でしょうか。ハウスメーカーや工務店などの会社がいくら大きくても、自分たちと相性のいい設計士さんに巡り合えるかどうかで、新築注文住宅に対する満足度は違ってくると思いますから。いくら有名な建築家さんでも、建てるものは「家」ですからね。こちらの希望する家を設計してくれるかどうかにかかってくるというものでしょう。

いくら高名な設計士さんでも、こちらの思い描くマイホームを設計図に描いてくれなくては、目的が達成できないというものでしょう。つまりは、依頼者側と意思疎通がはかれないのでしたら、憧れのマイホームだって台無しになってしまうかも知れないですもん。だからこそ先にも述べましたように、注文住宅成功の鍵は設計士さんとの相性にありだと私は思ってしまうのです。

実はわが家の場合は、設計士を一度変えているのですよね。正確に言いますと、最初に訪れた中規模のハウスメーカーの設計士さんが、態度発言ともに頭に疑問抱くような人であったので、そのハウスメーカーごとやめることにしたのです。地元ではそこそこに依頼を受けている会社だったのですが、注文住宅を売りにしているのに、設計士さんの我が強い印象だったんですよね。なんというか、設計士さんのイエスマンになるしかないというか。

でも、それってこちらの希望を汲んでくれない住宅になってしまいますよね。せっかくのマイホームでなおかつ注文住宅で建てるのに、なぜ設計士さんの良い家を建てなくてはならないのかーと思ってしまいましたもん。クライアントのことを思ってーというのは建前であると、私は感じてしまったんです。

それで新築注文住宅の依頼先を変えて、地元工務店に話をしに行ったのですが、ここがアタリだったのです。本当にもう、「注文住宅はすべては設計士次第だなー」と思いました。今度の設計士さんは、こちらの要望をちゃんと聞いてくれて、そして話をまとめる能力も高かったのです。設計図にしても、こちらの希望をキレイにまとめて具現化したものを描いてくれました。態度の良さは言うまでもなく。だからこそ、私は「新築注文住宅は設計次第だなー」と、自分の経験からも思ったわけです。